お知らせ

  • 2020年03月11日【毎日新聞】息子からバトン、次代へ 悲しみ、分かち合う 御巣鷹遺族との交流、転機に

    震災後の2人を撮った報道写真などを展示した新たな活動拠点を案内する田村孝行さん(奥)=宮城県松島町で2020年3月10日午後4時53分、和田大典撮影  大きな転機は、一冊の本との出合いだった。日航ジャンボ機墜落事故で小学 […]

    詳しく見る

  • 2020年03月11日【毎日新聞】息子からバトン、次代へ 闘いの末、見えた道

    七十七銀行旧女川支店跡地近くのモニュメントを訪れた美谷島邦子さん(中央)とシャボン玉を飛ばす田村孝行さん(右)、妻弘美さん=宮城県女川町で2020年3月10日午後3時21分、和田大典撮影  東日本大震災は11日、発生から […]

    詳しく見る

  • 2020年03月10日【朝日新聞デジタル】屋上へ避難した息子は津波に 両親が語り継ぐ企業防災

    スーツ姿の男女をかたどった慰霊碑の前で、企業防災を訴える田村孝行さん(中央)。左は妻の弘美さん。報道記者をめざす大学生らが聴き入った。左後方に津波被害を受けた七十七銀行女川支店があった。かさ上げ工事が完了し、新たな建物が […]

    詳しく見る

  • 2020年03月04日【読売新聞】息子の名で防災伝える

    宮城県女川町で「健太いのちの教室」設立について取材して頂きました。 引用:2020年3月4日 読売新聞

    詳しく見る

  • 2020年03月02日健太いのちの教室のサイトを新規開設いたしました

    この度、ホームページを新規開設いたしました。ご利用者のみなさまに、見やすく、また、情報を分かりやすくお伝えできるホームページとなるよう構成させて頂きました。 これまで以上に、みなさまに使いやすいサイトを目指し、内容を充実 […]

    詳しく見る

  • 2020年01月17日【朝日新聞】知りたい 東日本の記憶つなぐため

    神戸市長田区で阪神淡路大震災の遺族との交流について取材して頂きました。 引用:2020年1月17日 朝日新聞 夕刊

    詳しく見る

  • 2019年03月25日【BLOGOS】〔東日本大震災から8年〕語り続ける夫婦。亡くなった子どもの無念さを伝える〜七十七銀行女川支店での悲劇

    東日本大震災から8年目を迎えようとしていた3月10日。宮城県女川町を訪れた。『町東日本大震災震災記録誌』によると、最大津波高は14.8メートル、最大遡上高は34.7メートルが記録された。町では死亡・行方不明者を合わせると […]

    詳しく見る

  • 2019年03月11日【和洋女子大学】4月から教壇に立つ4年生たちが、東北研修で石巻市・仙台市を訪れました

    2月23日~24日にかけて、和洋女子大学の教職課程で学ぶ学生たち3名が「教職実践演習(4年後期必修科目)」の授業の一環として、東北研修で石巻市・仙台市を訪れました。引率は全学教育センターの田口久美子教授です。 初日はまず […]

    詳しく見る

  • 2018年12月15日【YouTube/毎日新聞】eye:見つめ続ける・大震災 語り継ぐ命 慰霊碑に遺族の声を

    宮城県女川町の七十七(しちじゅうしち)銀行女川支店は、東日本大震災で勤務中の行員ら12人が犠牲になった。同行は昨年9月、JR女川駅前に新店舗をオープンしたが、新店舗に慰霊碑はなく、遺族はその姿勢を疑問視していた。そして1 […]

    詳しく見る

  • 2018年11月16日【宮城県古川高校野球部を甲子園へ】「自分の命は自分で守って」子どもたちに震災語り続ける (朝日新聞)

    この横断幕は、田村さんが野球部に寄贈したものである。内容は健太選手が帽子のツバに書いていたものだ。 https://furuko-baseball.blogspot.com/2012/12/blog-post.html […]

    詳しく見る