活動目的

2011年3月11日、東日本大震災の津波により、多くの犠牲者が出ました。
そこには「守れた命・守るべき命」がありました。
犠牲となった田村健太や多くの尊い生命を慰霊するとともに、
人の生命・身体の安全を第一に守る大切さを学び、
企業・組織の防災・減災及び安全対策
(以下「いのちの学習・災害安全対策」)に生かすための情報発信・研修等を行い、
いのちを大切にする社会づくりに寄与することを目的としています。

お知らせ

  • 2021年03月30日【全私学新聞】いのちを大切にする安全な社会づくりを目指して

    全私学新聞様に取材して頂きました。 記事の内容は下記をご覧ください。 3月13日号_全私学新聞_いのちを大切にする安全な社会づくりをめざして_4面 引用:2021年3月13日 全私学新聞より

    詳しく見る

  • 2021年03月12日【朝日新聞】「あなた」がいない10年 悲しみを力に変えた慰霊の旅

    大切な人、住み慣れた町を一瞬にして奪われたあの日から10年が経ちます。残された人たちは苦悩を抱えながら、互いに支え合い、生きてきました。 私たちは、家族の歩みをカメラで記録してきました。写真には、それぞれが見つめる「あな […]

    詳しく見る

  • 2021年03月12日【日本経済新聞】「息子の命、無駄にしない」宮城の夫妻、企業防災訴え

    宮城県松島町ののどかな里山を望む民家の一室は、たくさんの思い出が詰まっていた。砂場遊びをしていた幼少期、野球漬けの少年時代、勤務先の法被姿……。「まさにこれからという時だったのに」。写真を見つめる田村孝行さん(60)、弘 […]

    詳しく見る

お知らせ一覧を見る

設立趣旨・理念

2011年3月11日東日本大震災。
東北の沿岸部を呑み込んだ大津波。町の指定避難場所である高台に避難して助かった人たちがいる一方で、避難場所の高台に逃げずに、銀行の支店に留り12人が犠牲になりました。
息子 健太は、その犠牲になりました。
なぜ目の前に高台があったのに逃げることが出来なかったのか、なぜ屋上だったのか、疑問が今も消えません。
不条理なその犠牲に想定外だった、仕方がなかったとせず、一つ一つを検証し、教訓としなければ、同じことが繰り返されてしまいます。
わたしたちは、この震災から命の大切さ、安全な社会へ向けてどうあるべきか等様々なことを学びました。この学びを現在・次世代へ生かし続けるため、わたしたちは、一般社団法人「健太いのちの教室」を設立いたしました。

当時の状況健太・生きた証し

活動内容紹介

いのちを守る防災伝承・講演

東日本大震災の津波により、多くの犠牲者が出ました。そこには「守れた命・守るべき命」がありました。企業・学校・地域一般の方々も津波の知識を保持していれば多くの方々の身体生命は守れました。震災からの反省から学んだことを教訓として、防災意識を高めるため被災地宮城から全国へ伝承発信することにより、日本に再来する災害に対する防災知識を備え大切な命を守る活動を行っています。

過去の活動を見る

いのちの学習

息子健太から学んだ、いのちの大切さを次世代へ繋ぎます。 他者への思いやりや自分を大切にする心を育み、いのちの大切さを一緒に考えていただきます。私たちの息子との関わりのなかから、子供さんに自分ごとと捉えてもらい、親の愛情や誰かと支えあって生きていることを感じ考えてもらいます。いのちのあり方や大切さをしっかり理解して欲しいという想いのもと、考えるきっかけをつくります。

過去の活動を見る

取材・その他

わたしたちは、震災の教訓を全国に発信しています。
地道な活動ではありますが、新聞・テレビ等メディアに取り上げられています。
多くのみなさまへ情報を発信し、防災意識を高め、備えにつなげていただければと思います。

過去の活動を見る

活動への応援

賛助会員を募集しています。
わたしたちは、人の生命・身体の安全を第一に守る大切さを学び、
各種安全対策に生かすための情報発信・研修等行い、
もっといのちを大切にする社会をつくることに
寄与することを目的としております。
皆様のあたたかいご支援、ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

さらに活動を充実させるために会員を募集受け付けています。ご寄付もよろしくお願い致します。
お手数ですが振込用紙に記入の上、郵便局にて振込をお願い致します。

賛助会員(団体様):JR西日本労働組合、大豆戸フットボールクラブ、株式会社学習空間、日本郵政グループ労働組合 はりま東支部
助成金:3.11メモリアルネットワーク(JT NPO応援)基金